虫歯の進行と治療

痛くない虫歯治療

No painful caries treatment

虫歯かな?と感じたら早めに

治療を受けましょう

Is it a tooth decay? Let's get medical treatment as soon as you feel it

「冷たい物を口にするとしみる」「甘い物を食べると痛む」――その症状は虫歯が疑われます。虫歯は多くの方がご存じの歯科疾患で、病気の痛みもさることながら、治療にも「痛い」というイメージがあるのではないでしょうか? 恐怖心から通院を後回しにする方もいますが、その間に虫歯はどんどん進行してしまいます。そのため、できるだけ早く治療を受けることが大切なのです。

練馬区三原台の歯科医院「和田歯科クリニック」では、治療前の麻酔に工夫してなるべく痛みを抑えた治療をご提供しています。また、できるだけ歯を残し、健全な歯質を削る量ができるだけ少なくするミニマルインターベンションを考慮しています。お口の違和感を覚えたら、できるだけ早くご相談ください。

We will provide you with a pain-reducing caries treatment as much as possible

虫歯はごく初期段階では痛みなどの自覚症状は現れません。悪化する前に治療を受けることは「痛みを抑えること」につながります。そのための予防歯科についてもご覧ください。

 

当院では痛みが苦手意識をお持ちの方でも安心してご来院いただけるように、実際に自覚症状が現れた虫歯の治療もできるだけ痛くないような工夫をしています。そのために行うのが治療前の麻酔注射です。注射と聞いただけでも不安になる方のために、麻酔に工夫をしています。

できるだけ痛みを抑えた虫歯治療を

ご提供します

痛くない麻酔のためのポイント

まず歯ぐきに「表面麻酔」を塗って、注射針を刺すときの「チクッ」とする痛みを軽減します

できるだけ細い針「33G」を使用して注射針を刺すときの痛みを軽減します

Please reload

TOP

痛いと感じときにはすでに進行しています

It is already progressing when feeling it hurts

虫歯とは原因菌が形成する歯垢(プラーク)の中でお口の中の糖分を分解し「酸」を出し、その「酸」が歯を溶かしていく病気です。歯の表面のエナメル質は硬いので、その部分が溶かされている段階では、ほとんど自覚症状は現れません。しかし、エナメル質の奥にまで汚染が進んでしまうと、「しみる」「痛む」などの症状を感じるようになります。

進行段階CO:脱灰

症状

エナメル質がわずかに溶かされた状態です。歯の表面が白く濁って見えます。まだ「痛む・しみる」などの自覚症状は現れません。

おもな治療法

歯の汚れを落とすことが基本です。そのための歯磨き指導を行います。またフッ素塗布で歯の再石灰化を促します。

進行段階C1:エナメル質の虫歯

症状

エナメル質がさらに溶かされ、穴があき黒ずんで見える状態です。この段階でも痛みはほとんど現れません。

おもな治療法

虫歯の原因菌に汚染された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)などを詰めて補います。

進行段階C2:象牙質の虫歯

症状

エナメル質の内側にある象牙質にまで汚染が進んだ状態です。「冷たい物がしみる」「甘い物を食べると痛む」などの症状が現れます。

おもな治療法

虫歯が進んでしまった部位を削り取り、インレー(詰め物)で補います。

進行段階C3:歯の神経に達した虫歯

症状

歯の中にある神経にまで虫歯菌の汚染が進んだ状態です。何もしなくてもズキズキと激しく痛みます。

おもな治療法

根管治療を行ってから支台を立てクラウン(被せ物)を装着して歯の機能を補います。

進行段階C4:歯根に達した虫歯

症状

歯の上の部分(歯冠)がほとんど溶かされた状態です。神経が死んでしまうといったん痛みが無くなりますが歯根の先に膿がたまるとふたたび激しく痛みます。

おもな治療法

ほとんどの場合、抜歯が選択されます。抜歯後には入れ歯治療、ブリッジ治療、またはインプラント治療を行って失った歯の機能回復を図ります。

Please reload

根管治療とは

What is root canal treatment

根管治療(こんかんちりょう)とは歯の中の神経にまで虫歯の原因菌による汚染が進んでしまった重度の虫歯に行う治療法です。根管とは歯の中の神経や血管が入っている細い管のことであり、複雑な形状をしていて枝分かれしていることもあります。その中から汚染された神経や血管、歯質などを取り除き、洗浄・消毒してからすき間ができないように薬剤で密閉する処置のことを根管治療といいます。

 

根管治療では、とても細い根管の中から感染した部位をきれいに除去しなければなりません。細菌を残してしまうと再発してしまうからです。再発してしまうとさらに根気がいる治療を重ねなければなりません。そしてやがては抜歯せざるを得なくなります。

より精密な根管治療のために当院で行っていること

肉眼では捉えきれない細かい部分の精密治療のために拡大鏡を活用して、しっかり目視しながら一つひとつの処置を行っています

「ニッケルチタンファイル」という適度な「しなり」があり、根管の先端にまで届きやすい器具を使用しています

Please reload

神経を抜くデメリットについて

歯の神経や血管を抜いてしまうと歯のすみずみに栄養が行きわたらなくなります。そのため歯が黒ずんだり、もろくなったりしてしまいます。また痛みを感じないので虫歯にかかってしまっていても気づきにくくなってしまうのです。

根管治療は抜歯を避けるためにとても大切ですが、そこまで虫歯が進行する前に早期治療を受けることをおすすめします。虫歯は予防可能な病気です。

毎日の歯磨きとともに歯科医院での定期検診を活用して虫歯発症を未然に回避しましょう。

Please reload

 
〒177-0031 東京都練馬区三原台1丁目28-2

2017/03/07 ホームページを公開しました

1 / 1

Please reload

お知らせ

News

Copyright © 和田歯科クリニック All Rights reserved.

▲:土曜日は17:00まで診療

WADA DENTAL CLINIC