インプラント治療

Implant treatment

自分の歯のような感覚を

取り戻せるインプラント

Implants that can regain sense like their own teeth

歯を失ってしまったときの機能を補うための治療はおもに3種類です。となりの歯を削って支台にして連結した人工歯を装着する「ブリッジ治療」と取り外し可能な「入れ歯治療」、そして人工歯根を埋め込む「インプラント治療」があります。

 

それぞれの治療法にはメリット・デメリットがありますので、知識を深めて患者さまに合った治療を選択することが大切です。練馬区三原台の歯科医院「和田歯科クリニック」では、さまざまな治療法に対応していますので、まずはお気軽にご相談ください。

インプラント治療と入れ歯治療、

ブリッジ治療の比較について

On comparison of implant treatment and denture treatment, bridge treatment

インプラント治療

顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に支台を立て被せ物や特殊な入れ歯を装着して歯の機能を補います。

メリット

・しっかり咬めます

・違和感がほとんどありません

・見た目が自然です

・まわりの歯に負担をかけません

​・残っている歯を削りません

デメリット

・自費診療なので治療費が比較的高額です

・外科手術が必要です

入れ歯治療

失った歯の本数に合わせて取り外し可能な入れ歯をつくります。歯が残っている場合にはバネ(クラスプ)などの固定装置をつけて安定させます。

メリット

・保険診療の入れ歯は比較的安価です

・手術が不要なので治療期間が短めです

・さまざまな症例に対応します

デメリット

・入れ歯とわかってしまうことがあります

・しっかり咬めないことがあります

・バネを使った入れ歯の場合、バネをかける歯に負担がかかります

・毎日のお手入れが必要です

ブリッジ治療

失った歯のとなりの歯を削って支台にしてその上に橋のように連結した人工歯を装着して歯の機能を補います。

メリット

・違和感があまりありません

・使用する素材により保険を適用できます

デメリット

・健康なとなりの歯を削らなければなりません

・支台にする歯に大きな負担がかかるので将来的にその歯の寿命を縮めてしまいます

Please reload

定期的なメインテナンスで

インプラントを守りましょう

Let's protect the implant with regular maintenance

一度埋入したインプラントもお手入れや定期的な検診を怠ると、歯周病菌が歯ぐきと骨を蝕むインプラント歯周炎になり、インプラント歯周炎が進行してしまうとせっかく手に入れたインプラントが抜け落ちてしまうこともあります。

インプラントが埋まっている場所はご自身のお手入れが苦手な場所であるケースがほとんど、ご自宅でのお手入れに加えて、定期的なメインテナンスを受けてインプラントを守りましょう。

TOP

インプラント治療の流れ

Flow of implant treatment

インプラント治療には外科手術の回数により1回法と2回法があります。どの方法にするかは、顎の状態により異なりますので、歯科用CTを活用した精密診断を行ってから治療プランを作成します。インプラント治療をお考えの方は、まずはお気軽にご相談ください。

ドリリング
ドリリング

歯肉を切開し、専用のドリルでインプラントを埋め込むための穴を顎の骨にあけます。

press to zoom
インプラント埋入
インプラント埋入

インプラントの下部部分を埋め込みます。 ※1回法の場合はここでアバットメント部分も装着します。

press to zoom
治癒期間
治癒期間

インプラントの頭部を歯肉で覆い縫合します。傷口が治癒しインプラントが安定するまで治癒期間を設けます。

press to zoom
アバットメント装着
アバットメント装着

歯ぐきをふたたび切開し、インプラントと人工歯の連結部となるアバットメントを装着します。

press to zoom
人工歯装着
人工歯装着

歯肉の治癒を待ち、アバットメントに人工歯を装着して治療完了です。

press to zoom